全力放送。再試合

恐怖! 再試合には脆弱性がこんなにあった


こんばんはーーー。

 

 

今日はスポーツクラブに行って帰ってきてテレビをつけたら

ベイスターズ戦がやっていましたポーン

 

 

 

 

今夜もナイターだと思い込んでうっかりでした

 

 

 

 

 

しかも4-1で勝ち試合じゃないのーーーー爆  笑

 

 

観てればよかったーーーーーーラブラブ

 

 

 

 

 

・・・・と思った途端に三上がホームランを打たれたガーン

 

 

 

 

 

ホントにテレビつけてすぐチーン

 

 

 

ランナーがどうなってたかわからなかったので

ソロホームランと確認してホッとしました。

 

 

 

 

 

・・・・のも束の間、

次の陽だいかん(漢字知らねー)にもまたホームランを打たれたガーン

 

 

 

 

結局1点差で9回の攻防

 

 

 

ベイはあっさり攻撃が終わって4-3のままだけど

まぁ別にヤスアキが抑えればそれでいいのよ。

 

 

 

そして難なく2アウト

 

 

 

 

 

・・・・ってとこまではよかったのに

そこから連打連打で

 

 

はい、サヨナラ負け~~チーン

 

 

 

 

 

 

 

 

嫌なモン観ちゃったぜーーーーーーガクリ

 

 

 

 

 

 

ま、楽天が似たような展開で

9回で勝ち越しして勝利したようなので

それで少し救われたけど・・・・

 

 

 

 

そういえば仙台育英は今日、

準決勝で引き分け再試合でしたポーン

 

 

宮城だけまだ決まってないのよねーーーー。

 

 

 

 

 

 

 

と、前置きが長くなりました。

 

 

 

 

 

タイトルの話です。

 

 

 

 

 

 

自閉っ子・駿平は子供のころから

夜、布団に入ってるところに

 

 

「寝た?」

 

 

 

と聞くと

 

 

 

「ネタ。」

 

 

と返事をするので

 

 

 

「うん、まだ起きてるね」

 

 

 

と確認していました

 

 

 

 

 

 

 

で、何回か

 

 

 

「寝た?」

 

 

 

と聞いて

そのうち返事をしなくなった時点で

 

 

 

「よし、寝たね」

 

 

と確認できたのでわかりやすくてよかったです

 

 

 

 

 

 

 

それが最近、

ホント、ここ数ヶ月ですかね、

夜、自室で遅くまで書き書きえんぴつしていて

私と旦那様が寝るために階段を上っていくと

 

 

バタバタッ!!!

 

 

 

と慌ててベッドに潜り込む音が汗

 

 

 

 

 

起きてるのバレバレ~。

 

 

 

 

 

で、

 

階段を上りきり、

駿平の部屋を覗いて

 

 

 

「寝た?」

 

 

 

と聞くと

 

 

 

「・・・・・・・・。」

 

 

 

 

なんと返事をしなくなったんです!!

 

 

 

 

完璧な寝たふり完成ですよ

 

 

 

 

「駿平も 返事をしたら起きてるってバレる、って

22歳になってようやく気づいたんだね」

 

 

と旦那様と2人でその成長を喜んでいました。

 

 

 

 

そう、ここ最近は

数秒前にバタバタとベッドに潜り込んだのバレバレなのに、

絶対返事をしなくなっていました爆  笑

 

 

 

 

やっと 学習したのね、駿平君!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

だけど夕べのこと。

 

 

 

また階段を上っていると

慌ててベッドに潜り込む音が聞こえて、

 

 

 

どうせ寝たふりするだろう

 

 

 

と思いつつも

 

 

ほぼ習慣で

 

 

 

「寝た?」

 

 

 

と聞いたら

 

 

 

 

「ハイッ!!!!!!!」

 

 

 

と体育会系のバリバリはっきりした声で返事をしてくれちゃいました

 

 

 

 

 

 

 

駿平くーーーんガクリ

 

 

 

 

せっかく学習したのにしくじりましたね

 

 

 

 

 

まぁでもおもしろかったので

その場ではツッコまないでおきました

 

 

 

 

なので今夜もまた

 

 

 

「寝た?」

 

 

って聞いてみようと思っています爆  笑

 

 

 

 

 

また元気に返事をしたらどうしましょう?滝汗

 

 

 

 

「返事したら起きてるってばれるよ」

 

 

って教えてあげた方がいいものか、

また気付くまで見守るか、

 

まぁその時は旦那様と相談して決めようと思います

 

 

 

 

 

 

 

それは今後が楽しみだ!!と思ってくれたらぽちっとな~グッド!




再試合のセール情報を特集、お気に入り通販ショップを見つけましょう


山形は今日、J2第28節、アウェイ・松本で松本と対戦した。

両チームのスタメンとサブは以下の通り。


■松本

■スタメン
GK 白井
DF 田中、飯田、當間、下川、橋内
MF 武井、セルジーニョ、パウリーニョ
FW 高崎、山本

■サブ
鈴木、安藤、後藤、岩間、工藤、宮阪、三島


■山形

■スタメン
GK 児玉
DF 菅沼、加賀、茂木
MF 鈴木雄斗、本田、中村、高木
FW 瀬沼、阪野、太田

■サブ
富居、栗山、山田、石川、佐藤、汰木、中山


■試合展開

前半25分、瀬沼のクロスに高木がヘッドで決めて山形が先制する。

前半37分、下川が突破しそのままシュート、これは児玉が弾くが、こぼれ球をセルジーニョが押し込み松本が同点に追い付く…。

前半は1-1で折り返す。

後半8分、太田のクロスに中村がヘッドで決めて山形が勝ち越す。

後半18分、セルジーニョのFKを高崎がヘッドで決めて松本が同点に追い付く…。

後半22分、セルジーニョのクロスに下川がミドルを放ち、こぼれ球を山本が押し込み松本が逆転する…。

試合はこのまま終了。悔しい逆転負けを喫し、3連勝とはならなかった…。


松本3-2山形

観衆:12146人/20336人

天候:曇


連戦の中日でアウェイで松本との一戦。山形は4バックではなく、3バックで臨む。

試合は開始から松本ペースで進む。セルジーニョを中心とした攻撃に、セカンドボールも常に武井に取られる苦しい展開となる。

前半15分頃に隼磨のクロスのこぼれ球を下川に拾われ再びクロスを入れられると、児玉が防いだこぼれ球を高崎にシュートを許すが、これは枠を外れる。

さらに前半20分にはセルジーニョのFKでゴールを脅かされる。失点も時間の問題かと思われたが、先に試合を動かしたのは山形だった。

前半25分、雄斗が右サイドのセヌーにパス、セヌーがクロスを上げると、中でフリーとなっていた利弥が頭で決めて先制。見事にワンチャンスを物にしたシーンだった。

このままペースを掴みたかったが、松本ペースは変わらなかった。

セルジーニョを中心とした攻撃には手を焼き、31分にはパウリーニョにミドルを放たれ、ゴールを脅かされる展開は変わらなかった。

そして37分に再び試合が動く。左サイドを駆け上がっていた下川にシュートを放たれ、これは児玉が弾くが、最後はセルジーニョに押し込まれ、同点となるゴールを許してしまう…。全て児玉が悪い訳ではないが、児玉には弾く場所を考えてセーブをしてほしかったかなと…。

結局松本ペースのまま、1-1で前半を折り返す。チャンスらしいチャンスは得点シーンのみの前半だった。

流れを変えたい後半だったが、後半も松本ペースで進む展開となる。

開始早々に左サイドの崩しからセルジーニョが中央へパス、これを橋内に豪快にミドルを放たれるが、これは児玉が防ぐ。児玉に助けられたシーンだった。

さらにその直後にもCKのこぼれ球から下川に突破されシュートを放たれる。これはサイドネット当たり事なきを得る。

しかしそんな中でまたしても試合を動かしたのは山形だった。

8分、徹郎が左サイドからクロス、これを中村が頭で決めて、勝ち越しに成功。またしても少ないチャンスを物にし、スコア上は優位な展開とする。

得点後に予想される松本の猛攻を耐えつつ、追加点を狙いたい展開だったが、得点した10分後に再び試合が動く。

セルジーニョのFKを高崎に頭で決められ同点とされてしまう…。警戒しなければならないセットプレーから決められてしまった…。

しかもその直後に勝ち越した直後に高崎にファールを受けた中村が負傷交代を強いられてしまう…。

そして22分に右サイドにいたセルジーニョがグラウンダーのクロスを上げると、下川にミドルを放たれ、児玉が正面に弾いてしまい、最後は山本に押し込まれ、逆転となるゴールを許してしまう…。得点に絡んだ選手に自由にやらせてしまった…。

点を取るしかなくなり、反撃に出たかったが、松本の勢いを止められず、武井と隼磨にチャンスを与えてしまう。守備陣が松本の攻撃陣に付いて行けず、後手に回ってしまう展開を強いられる…。

流れを変えるべく、調子の良くなかった徹郎に代えて汰木を投入する。しかし流れは変わらず、セルジーニョが絡む形で決定機を与えてしまう。得点こそ許さなかったが、追加点を奪われてもおかしくない場面だった。

残り時間が少なくなる中、中山を投入するが、その直後にセルジーニョに悪質なファールを受けてしまう…。負傷退場を余儀なくされ、交代枠を使い切っていたため、残り時間を10人で戦わざるを得ない状況となってしまう…。

結局、まともなチャンスも作れないまま試合は終了。あまりにも悔しすぎる内容で3連勝とはならなかった…。

今日は得点シーン以外は全く良いところがなかった…。負けて然るべきと言いたいところだが、これは松本の汚いプレーもあり、なんとも言えないところではある。しかし今日はあまりにも松本の攻撃陣に自由にやらせすぎ。今日の試合は児玉が働きすぎた。児玉も細かいミスはあったが、今日の児玉を責めることはできない。今日は反省しなければならない点が多すぎた試合だろう。

徹郎はアシストしたのはいいが、まだまだ本調子ではないのかなと…。試合勘がなくなってるように思う。柏時代に見せていた豪快なプレーが影を潜めてる。もう少し時間が必要だろう。

今日の試合はとにかく松本の汚いプレーに腹が立った。負けた後でこんなこと言うと「負け犬の遠吠え」になるから言いたくなかったけど、言わないと気が済まない。コロコロ転びすぎな上に、ラフプレーで選手潰すとかふざけてるとしか思えない…。中でもセルジーニョのプレーは絶対に許されるべきプレーじゃない。それを容認した扇谷にも腹が立つ。是非とも検証して、セルジーニョには然るべき罰を与えるべきだろう。こっちは二人も大事な選手が潰されてるんだぞ。クラブには是非動いてほしい。過去には林も潰されてる。松本にも然るべき罰を与えてほしい。こんなクラブが日本の最高峰リーグであるJ1で戦う姿とか絶対に見たくないし認めたくない。そのためにはこいつらより上にいかないといけないんだけど…。

中村と中山が心配である…。二人とも大事に至らないことをただただ祈る…。

内容も良くなかった上に、非常に後味の悪い形で終わってしまった…。試合終わった直後は怒りが込み上げてきた…。嫌いな松本に負けた悔しさ、松本の汚いプレー、そして中村と中山の無念を晴らせなかった悔しさ…。言い出すとキリがないからこの辺にしておく。とにかく、次はホームでの試合である。必ずホームでは勝とう。

次節はホーム・NDスタ(天童市)で千葉と対戦する。




[広告] 楽天市場


  • 早実vs.駒大苫小牧 甲子園を熱狂させた決勝再試合、その舞台裏 (朝日文庫) [ 中村計 ]

  • ホームラン 人生の再試合 [ スコット・エルロッド ]

  • 【中古】DVD▼ホームラン 人生の再試合▽レンタル落ち

  • 再試合はクリスマスイブ /けやき書房/中村千鶴子 / 中村千鶴子、栗原徹 / 創作ブックス【中古】afb

  • 【中古】 再試合はクリスマスイブ 創作ブックス/中村千鶴子(著者)栗原徹(その他) 【中古】afb

  • 【中古】大延長【堂場瞬一】【実業之日本社文庫 堂場瞬一スポーツ小説コレクション 堂場瞬一のスポーツ小説が文庫化 公立の進学校・新潟海浜と甲子園の常連・東京の私立恒正学園の勝負は延長15回で決着がつかず、翌日の再試合に 野球小説の名作 文庫小説 メール便送料150円】